Upcoming exhibition

   
當麻ゆき子 + クリスティーナ・ヴェントゥロヴァー
二人展

“チトリヴォスト / CITLIVOST” 

 

 

 

 

展覧会のお知らせです!

友人であるガラス造形作家のクリスティーナ・ヴェントゥロヴァー
GWに二人展を行います。
 
當麻ゆき子作品の作品展としては、チェコ移住後、11年ぶりとなります。
お時間ございましたら、是非足をお運びください。


  ※チトリヴォスト…「繊細さ、敏感さ」という意味合いのチェコ語。

 

 

見知らぬ国、耳慣れない慣習、何もわからない生活の中、
私たちはいつにも増して、その自由と孤独を味わいます。

チェコに移住した日本人のゆき子、
日本に留学しているチェコ人のクリスティーナは、
自らの繊細さや脆さが、新鮮さも喜びも苦しみも余すところなく拾い上げていく
そうした新生活の中でも常に、アーティストとして制作を続けてきました。

一見壊れそうでいて芯の強い作風の
2名の作家の絶妙な繊細さを
ぜひ直接、会場にてご覧いただけましたら幸いです。
  
  

 

 

「チトリヴォスト」

本質を同じくする、チェコと日本文化の繊細さ。

短所としてではなく、長所としての繊細さ。

アートが人々の中に呼びさます繊細さ。

繊細さがなければ、我々は何ものだというのでしょうか。

繊細さは、私たちの作品の核心なのです。

 

Yukiko Taima – other works

 

Kristýna Venturová – other works

 

 

開催日時・場所
会場地図 QRコード↑

2022年5月2日(月)~7日(土) 10時~18時
※ 初日 12時開場、最終日 15時閉場

うおがし銘茶 茶の実倶楽部 5階
東京都中央区築地2-11-12

 

  

◎5月2日(月)、開催初日16時より、オープニングイベントとして
ライブパフォーマンスアーティストトークを行います。
 

☆オープニングパフォーマンス godzmekano- exhibit ver.

 ギタリストの岩田ユウシとのインプロビゼーションライブユニット、”godzmekano”の
 ショートバージョンを行います!
 私はドローイングを描き、クリスティーナはガラスピアスを制作します。
 30分程度の予定。
 

☆アーティストトーク

 私はチェコに留学し移住した日本人、クリスティーナは日本に留学中のチェコ人です。
 7年前にプラハで出会い、私たちは作家として互いに尊敬し合うだけでなく、
 プライベートでも無二の親友として時を重ねてきました。
 この日の作家トークでは、それぞれが異国にいる間に制作した作品群について、
 思い出を交えながら、お互いの作品についてのエピソードや、
 なぜ「チトリヴォスト」(繊細さ)というコンセプトに私たち二人が共に至ったのかなど、
 いろいろなお話をさせていただきたいと思います。
 ご質問などもご自由にどうぞ。
 30分程度の予定。

 
イベント全体で17時半頃には終了の予定です。

 

 

 

 

CITLIVOST

 * The word “CITLIVOST” means sensibility in Czech.

We are delighted to invite you to the very first collective exhibition of Yukiko Taima, a Japanese painter and illustrator living in Prague, and Kristyna Venturova, a glass artist and designer studying in Japan.
The exhibition presents a selection of the very best of their latest works.
Sensibility which makes you think that artwork in front of you is so delicate it could disappear any moment now, is the element connecting all their works.
The power of their art lies in its sensibility because it serves as a catalyst for emotions.
Another parallel connecting their works is the inspiration gained when living abroad.
In a foreign country where everything feels unknown and unfamiliar, one must face many challenges and an overwhelming feeling of loneliness.
Yet, one can also taste freedom that he has never experienced before.
Thanks to this experience Yukiko Taima and Kristýna Venturová were able to createar series of works they would have never created under different circumstances.

 


Sensibility as a parallel between two cultures.
Japan and Czech. Sensibility as a virtue.
Sensibility as an essence of our artwork.
Sensibility awakened in people’s hearts through art.
For what would we become without our feelings?

 

 

Place and venue

Uogashi Meicha Chanomi Club 5F
2-11-12 Tsukiji, Chuou-ku, Tokyo

2.-7.5.2022 10am – 6pm
   on the first day / 12pm – 6pm
   on the last day / 10am – 3pm

 

Performance & Artist talk

On the 2nd of May there will be an opening event from 4 pm.

A performance duo ”godzmekano” – Yukiko Taima & Yushi Iwata will perform together with Kristyna Venturova.
The performance will be followed by an artist talk about art & long-lasting friendship of these two artists.

During the performance Yukiko Taima will draw a new piece while Kristyna Venturova will introduce an audience the process of making glass earrings.

The approximate lenght is 1 hour.

 

We look forward to seeing you there!