Samanas / ヤマイヌ

あるときシッダールタの町を、
沙門すなわち巡礼の苦行者たちが通った。
やせひからびた三人の男で、老いてもいず若くもなく、
太陽に焼かれ、孤独に包まれ、俗世間をうとんじ、敵視し、
人間の国における異邦人、やせたヤマイヌであった。

Some Samanas once passed through Siddhartha’s town.
Wandering ascetics, they were three thin worn-out men,
neither old nor young, with dusty and bleeding shoulders,
practically naked, scorched by the sun,
solitary, strange and hostile―lean jackals in the world of men.
Around them hovered an atmosphere of unpitying self-denial.