Two ferrymen / ふたりの渡し守

だんだん彼の微笑は、渡し守ヴァズデーヴァの微笑に似てきた。
ほとんど同じように晴れやかに、
ほとんど同じように幸福に満ち輝き、
同様に無数のしわから光を放ち、
同様に子どもらしく、同様に老人らしくなった。
多くの旅びとは、ふたりの渡し守を見ると、兄弟だと思った。

As time went on his smile befan to resemble Vasudeva’s -the ferryman’s,
was almost equally ratiant, almost equally full of happiness,
equally lighting up through a thousand little wrinkles, equally senile.
Many travellers, when seeing both ferrymen together, took them for brothers.