Self-denial / 滅我

沙門の最長老に教えられて、シッダールタは、滅我を、沈潜を修行した。
死んだヤマイヌが砂の岸に横たわっていると、シッダールタの魂はその死体にすっぽり入りこみ、
死んだヤマイヌとなって水ぎわに横たわり、ぶくぶくにふくれ、腐り、
骸骨となり、ちりとなり、野原に飛散した。
シッダールタは新しい渇きにかられて、輪廻から脱却できるすきまを、
因果の終末と、悩みのない永遠との始まるすきまを、猟師のようにねらいながらじっと待った。

Instructed by the eldest of the Samanas, Siddhartha practiced self-denial and menditation.
A dead jackal lay on the sandy shore and Siddhartha’s soul slipped into its corpse;
he became a dead jackal, lay on the shore, swelled, decayed, became a skeleton,
became dust, mingled with the atmosphere.
And Siddhartha waited with new thirst like a hunter at a chasm where the life cycle ends,
where there is an end to causes, where painless eternity begins.