Boy Siddhartha / 少年シッダールタ

シッダールタはしかし、自分の心の中には少しも喜びを持たなかった。
夢と、休む間もない思いが彼の心に、川の水から流れて来、
夜の星からきらめいて来、太陽の光線から溶けて来た。
夢と魂の不安が彼の心に、いけにえから煙って来、
リグ・ヴェーダの詩句から息吹いて来、老バラモン僧の教えからしたたって来た。

But Siddhartha had no joy in his own heart.
Dreams and restless thoughts came flowing to him from the river,
from the twinkling stars at night, from the sun’s rays.
Dreams and a restlessness of the soul came to him,
arising from the verses of the Rig-Veda,
trickring through from the teachings of the old Brahmins.